Motorcycle

ロイヤルエンフィールドから街乗り350ccクラスのネオクラシック「Hunter」発表

こんにちは。

なんとロイヤルエンフィールドから2022年8月7日に、インド本国において「Hunter(ハンター)350」を発表。

 スタイリングは流行り廃りの無い現代風のネオクラシック、他にもスペックやカラーバリエーション、一番気になるのが価格帯だが、もし日本発売となれば手頃な価格となりそうな予感をさせる。

 また現在、ロイヤルエンフィールドの350ccクラスでは現行モデル2台を展開しており、昔ながらのデザインクラシック350や、アメリカンなクルーザーモデルのメテオ350がラインナップされている。発表された「Hunter(ハンター)350」だが、車体やエンジンにはクラシックやメテオの部品を共用した登場と思われる。

引用元:『Royal Enfield India



特徴

 今回は、「Hunter350」の中でも、2種類のグレードが発表されている。

引用元:『Royal Enfield India

METRO HUNTERS

 メトロハンターズは、フューエルタンクにはデュアルなカラーリングが設定され、 その他キャストホイール、幅広のチューブレスタイヤ、スプリットアルミニウム製リアグラブレール装備している。

ポイントとしてタンクカラーに合わせ、サイドカバーやキャストホイールに同色がワンポイントにデザインされている。

RETRO HUNTERS

 クラシックなレトロハンターズは、こちらのフューエルタンクはシンプルなシングルトーンの配色。リアにはグラブレール、スタイリッシュなスポークホイールが特徴。価格帯はメトロハンターよりは廉価版とされている。



主要諸元

引用元:『Royal Enfield India

 現在、インド本土「Royal Enfield India」のHP上では、諸元を開示情報がコチラ。

ブレーキディスクフロント300mm
ブレーキディスクリア 270mm
シート高790mm
チューブレスタイヤ(チューブレス)フロント 17 インチ/リア 17 インチ
ヘッドライト60W55W H4
テールライトLED
メーター表示①スピード、ギアポディション、積算走行距離(ODO)、区間走行距離(TRIP)、フューエル残量、時間、外気温度
メーター表示②Tripper ナビゲーションシステム搭載(オプション)
車両装備:アンチロックブレーキ(ABS)
車両装備:Bluetooth
車両装備:USBポート有(1口)



カラーバリエーション

「METRO HUNTERS」から5色「RETRO HUNTERS」から2色の全色7色が展開されている。

[METRO HUNTERS]Dapper White

『[METRO HUNTERS]Dapper White』

[METRO HUNTERS]Dapper Ash

『[METRO HUNTERS]Dapper Ash』

[METRO HUNTERS]Dapper Grey

『[METRO HUNTERS]Dapper Grey』

[METRO HUNTERS]Dapper Black

『[METRO HUNTERS]Dapper Black』

[METRO HUNTERS]Dapper Blue

『[METRO HUNTERS]Dapper Blue』

[METRO HUNTERS]Dapper Red

『[METRO HUNTERS]Dapper Red』

[RETRO HUNTERS]Factory Black

『[RETRO HUNTERS]Factory Black』

[RETRO HUNTERS]Factory Silver

『[RETRO HUNTERS]Factory Silver』

グレードカラーリング車両販売価格
[METRO HUNTERS]Dapper WhiteINR 1,63,900
Dapper AshINR 1,63,900
Dapper GreyINR 1,65,736
Dapper. BlackINR 1,68,900
Dapper BlueINR 1,68,900
Dapper RedINR 1,68,900
[RETRO HUNTERS]Factory BlackINR 1,49,900
Factory SilverINR 1,49,900
引用元:『Royal Enfield India



同クラス車種

 

 今や日本で大人気のレブル250と共に、中型クラスでホンダバイク人気を牽引する” CB350 "。車両スペックが抜粋した部分を比較してみたが、サイズ、エンジン、足まわり等ほぼそんなに大差がないことが見てわかる。ライバル車として肩を並べることができるか!?

[HONDA]GB350/GB350[R-E]Classic350[R-E]Meteor350
全長(mm)218021452140
全幅(mm)800785845
全高(mm)110510901140
ホイールベース(mm)144013901400
最低地上高(mm)166170170
シート高(mm)800805765
車両重量(kg)180195191
原動機種類4ストローク4ストローク4ストローク
気筒数111
シリンダ配列単気筒単気筒単気筒
冷却方式空冷空冷空冷
排気量(cc)348349349
カム・バルブ駆動方式OHC(SOHC)OHC(SOHC)OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数222
最高出力(kW)1514.8714.87
最高出力(HP)2020.219.64
最高出力回転数(rpm)550061006100
最大トルク(N・m)292727
最大トルク回転数(rpm)300040004000
燃料給油方式フューエルインジェクションフューエルインジェクションフューエルインジェクション
燃料タンク容量(L)151315
前タイヤ(タイプ)100/90-19(チューブレス)100/90-19(チューブタイヤ)100/90-19(チューブレス)
後タイヤ(タイプ)130/70-18(チューブレス)120/80-18(チューブタイヤ)140/70-17(チューブレス)



オプション

 本国インド『Royal Enfield India』では、豊富なオプションが揃えられており、日本でも発表され購入可能となれば自分好みのオリジナルバイクを、楽しんでみてはいかがでしょう。

  • バーエンドミラー
  • パニアケース
  • スクリーン
  • カスタムシート&バックレスト
  • アンダーガード
引用元:『Royal Enfield India



まとめ

 今更ながら説明する必要はないが、1901年にイギリスで創業した現存する世界最古のオートバイメーカー「ロイヤルエンフィールド」。

 現在では日本メーカーや海外メージャーでも、300クラスの大半のバイクは" MADE IN INDIA " に於いて製造され、製造技術も向上しているのは事実である。

 日本での販売が未だに不明だが、インド本国と現在日本国内で販売されている " 350cc " クラスの価格帯を比較してみた。

【インド本国】「ロイヤルエンフィールド(350ccクラス)」 販売価格

 インド本土で発表されているメーカー希望小売価格、以下のようなで販売されている。

  • Classic 350(Signal Channel ABS)INR 187,346 〜 190,043
  • Classic 350(Dual Channel ABS)INR 196,125 〜 218,450
  • Meteor 350 INR 201,253 〜 219,306
  • Hunter 350(METRO HUNTERS)INR 1,63,900 〜 1,68,900
  • Hunter 350(RETRO HUNTERS)INR 1,49,900

インドでの現地生産、製造コスト、輸送コスト等の兼ね合いにより、参考になるかは置いといて「Hunter350」価格を日本円に換算するとこのような価格帯である〔為替レート・・・1 INR = 1.6747 JPY〕

GradeColor variationsRetail price(INR)Retail price(JPY)※
METRO HUNTERSDapper WhiteINR 1,63,90027万4,485円
Dapper AshINR 1,63,90027万4,485円
Dapper GreyINR 1,65,73627万7,560円
Dapper. BlackINR 1,68,90028万2,858円
Dapper BlueINR 1,68,90028万2,858円
Dapper RedINR 1,68,90028万2,858円
RETRO HUNTERSFactory BlackINR 1,49,90025万1,039円
Factory SilverINR 1,49,90025万1,039円

"Classic 350"や"Meteor 350"の価格帯に比べ、少し手頃な価格に設定されているのがわかる。

日本国内の販売価格

参考に「ROYAL ENFIELD Tokyo Showroom」のHP上でのメーカー小売希望価格はコチラ。

  • CLASSIC 350 Classic Halcyon:63万4,700円
  • CLASSIC 350 Signals:64万2,400円
  • CLASSIC 350 Dark:66万2,200円
  • CLASSIC 350 Chrome:66万6,600円
  • METEOR 350 FIREBALL:65万0,100円
  • METEOR 350 STELLAR:66万4,400円  
  • METEOR 350 SUPERNOVA:67万9,800円
  • Hunter 350(METRO HUNTERS):〇〇万〇〇〇〇円
  • Hunter 350(RETRO HUNTERS):〇〇万〇〇〇〇円

引用元:『Royal Enfield India

 最後になるが現在、「ロイヤルエンフィールド」の日本のHP上では、" 製品一覧 "情報ページに6つの製品枠が設定されているが、一つの枠がブランクとなっている。そこにご紹介した「Hunter(ハンター)350」が載せられることを願いたい。

-Motorcycle