Motorcycle Shopping

【マウントシステムABC-7M8シリーズ ユニバーサルホルダー タイプ4 1inch】をハーレーに装着!!

FatBobber(ファットボブー)のみなさま、ごきげんよう。

取り付ける対象車種は、こちらの「Harley-Davidson FXFBS”ファットボブ」です。

「マウントシステムABC-7M8シリーズ ユニバーサルホルダー タイプ4 1inch」バーハンドルに取り付けていきます。

取り付ける際の、説明書の内容や実作業を見ていきたいと思います。

◼️良し悪し判断基準

  • 組立説明図の内容
  • 製品、付属品の状態
  • 取り付け手順は明確化
  • 実際のホルダーの取り付け

では早速、各判断基準を元に組み立て〜取り付けまで順に追っていきましょう。



1.開封から組み立て。

①.マウントシステム(ボール部)の組み立て

「ネジのゆるみ止め剤」を別途購入して下さい。ホームセンターで¥300。

10mmのレンチ用意。

②.保護用スポンジ貼り付け
9種類のスポンジを計12枚貼り付ける。

※小さなスポンジは、ピンセットや竹串の使用をお勧めします。

③.組み立て完了。こんな感じで実際取り付くでしょう。



2.ホルダーをバーハンドルに取り付け

①.”C-23”したらバーハンドル付けたい部位の直径合わない(T . T)

(ミスった直径サイズ、確認していなかった)

グリップの方に徐々に細くなっていくのでスライドさせたら、”Heat Master”の”Wireless Remote Kit”を一旦外して、”レフトハンドルコントロールモジュール”の真横に取り付け。

②.しかも、バーハンドルの径が均一ではないので、少しクリアランスが発生。

③.こちらの”シリコンテープ”で
クリアランスをアジャストします。

④.2周くらい巻き付け完了、六角ボルトで”C-23”をしっかり固定。

少し補正しましたが、なんとか取り付け完了。↓ ↓ ↓

実際にスマホを装着してみました。↓ ↓ ↓

こんな感じとなりました。なかなかいい感ですかね。

アルミ材質だけあって頑丈そうだし、光沢ブラックがボブの色とマッチングしてます。



◼️まとめ

  • 組立説明図の内容・・・◯(実際の製品を写真で載せてる)
  • 製品、付属品の状態・・・△(ネジ止め剤付属して欲しい)
  • 取り付け手順は明確化・・・◯(補足も記載され良好)
  • 実際のホルダーの取り付け・・・◯(バーハンドルと製品の直径サイズは確認しておきましょう(自己反省))

次回は、走行テストにてホールド感、グラ付き等の調査です。

「ホルダー装着後の走行テスト結果」に関しては、下記記事で詳しく解説しています。

-Motorcycle, Shopping