【携帯料金比較】携帯大手会社プラン結局どれがお得なの!?

こんにちは。

今年はコロナ禍による仕事も減り、収入も増えない状況ですが、身の回りのものを見直すチャンスでもあります。そんな中、”携帯会社による値下げ競争”が過熱しています。

  • 「携帯会社の乗り換えを検討している方」
  • 「料金プランの乗り換えを検討している方」
  • 「オンライン料金はどれがいいのか」

携帯プランを見直そうと思いますが、各社のプランが何がいいのか困ります。そんな方々に向けて記事をカンタンにまとめて調べてみた内容です。現時点では、ソフトバンクが料金設定に次の一手を仕掛けました。



◼️大手携帯3社 料金比較プラン

『ソフトバンク』『NTT docomo』『KDDI』
大容量【無制限】
「5G」6580円
「4G」6580円
(2021年3月から)
【無制限】
「5G」6650円
(2021年4月から)
【制限なし】
「5G」8650円
(未定)
中容量『Y!mobile』
【20GB】
「5G」3780円
「4G」3780円
(2021年2月から)
『UQmobile』
【20GB】
3980円
(2021年2月以降)
オンライン『SoftBank on LINE』
【20GB】
「5G」2980円
「4G」2980円
(2021年3月から)
『ahamo』
【20GB】
「5G」2980円
「4G」2980円
(2021年3月から)



◼️携帯大手4社の料金プランとデータ通信量

皆さん、自分にあった料金プランを選べていますか?加入時には契約しているデータ通信量は、実際には容量を使いきれていないことが総務省の調べで判明しています。

実は、大手携帯会社4社のサービスを利用する方のうち、40%以上の方が月当たり20GB以上の料金プランを契約していますが、実際に20GB以上を使っている方は約10%しかいないんです。

加入中の料金プラン加入率実際のデータ通信量データ使用率
20GB以上42.8%20GB以上11.3%
〜20GB21.9%〜20GB10.4%
〜7GB18.2%〜10GB3.6%
〜2GB17.1%〜8GB8.7%
〜5GB16.5%
〜2GB49.5%
引用元:『総務省 携帯電話ポータルサイト』

利用内容使用通信量
ニュースサイト(1ページ)0.3MB程度 ※1GBで3,300ページ
メール送受信(1通)0.5MB程度 ※1GBで2,000通
地図アプリ(10分)1MB程度 ※1GBで1,000回
標準画質の動画視聴(1時間)300〜500MB程度 ※1GBで2〜3時間



◼️スマホ料金は3パターン

50GB以上6900円前後
20GB未満3300円前後
3GB未満1700円前後

まずは、自分のデータ通信量の確認しよう。



◼️データ通信量確認方法(docomo

それでは、ご自身のデータ通信料を確認していきましょう。ご利用いただいた当月分と直近3日分のデータ通信量が、「My docomo」でご確認いただけます。簡単・便利なアプリもご用意しています。

[1] dメニューから「My docomo(お客様サポート)」にアクセスし、dアカウントまたはネットワーク暗証番号ログインします。

[2] 当月のご利用データ通信量、ご利用額、dポイントなどが一覧表示されます。データ通信量の詳細を見たい場合は 枠内を選択すると移動します。

[3] 当月分と直近3日分のデータ通信量が表示されます。シェアパックまたは2台目プラス代表回線の方は、回線ごとのデータ通信量もご確認できます。



◼️最後に

この機会に、ご自身の支払っている通信料金の額や実際のデータ使用量を確認し、自分にぴったりなサービスをつかっているか確認しませんか?やっぱり自分に合ってない!と感じられた方は、この機会に料金プランの変更や、携帯会社の乗換えを検討してはいかがでしょうか。