こんにちは。

ここ最近、バイクブームが再熱しているなかで、バイクをカスタマイズするカスタムビルダーが色々なカスタムバイクをSNSで投稿しているの多く目にする。

日本でも定着し誰でも一度は耳にしたことがある ” ラテン語でマシーンから現れた神を意味する ” 2006年にオーストラリアで誕生した「Deus ex Machina」をはじめとし、世界には数多くのバイクや車のカスタムビルダーが存在する。

そのなかで、ポルトガルのカスタムビルダー「Maria Riding Company」をご紹介します。



1.Maria Riding Company

ポルトガルのリスボンを拠点に置き、モーターサイクル、サーフボード、スケートボード、ヘルメット、アパレル等を展開しているカスタムビルダーであり4人の友人によって、2011年に正式に創立され今年(現:2021年)で10周年を迎えるカスタムビルダー「Maria Riding Company」である。マルチな分野で活躍するクリエイティブなメンバーによって形成されています。

出典元:『Maria Riding Company

私たちのワークショップでは、カスタムピースは、忍耐、注意、そしてコミットメントを持って、一度に1つずつ慎重に作成されます。 オートバイが組み立てられ、サーフボードが設計され、あらゆる種類のプロジェクトが大胆さと敬意を持って受け入れられます。会社が設立された日から、マリアは創業者にとって同じ意味を持っていました。職人技と芸術性をホストできるブランドと、創造性が免責で支配されるスペースです。

Maria Riding Company』HP参照



2.創立者

同ブランドの創設者である、ルイスとルイはデザインやクリエイティブな業種で積んできた経験と自らの趣味を活かし、オリジナルの考えと理想をすべて忠実に保ちながらブランドの実現化した。

出典元:『Maria Riding Company

マリアは、10年の初めに、共通の過去と楽しみ方についての同様の考えを共有する友人のグループによって形成されました。 ブランドを作ることについての彼らの会話は彼らの意志を行動に駆り立て、彼らは最終的にマリアになる実体を形作り始めました。
当初、ブランドを形成するというアイデアは、純粋なコンセプトと原始的なアイデアを備えた、本質的に生でワイルドなものでした。 ルイスとルイは、彼らのオリジナルの考えと理想をすべて忠実に保ちながら、ブランドの実現に取り組み始めました。

Maria Riding Company』HP参照



3.INTERVIEW

2012年の9月にインタビューを受けた様子はこちら。『Iron & AirMagazine

出典元:『Maria Riding Company

マリアモーターサイクルのアイデアとコンセプトは、数年前から取り組んできましたが、
同社は2011年に正式に設立され、ポルトガルのリスボン出身の男性が非常に短い時間でカスタムシーンに劇的な印象を与えました。 ポルトガルで古いクラシックバイクを見つけるのは簡単ではありませんが、彼らは必要なものを見つけるために一生懸命働いて、インターネットを精査し、長い間忘れられていた納屋の発見の手がかりを見つけました。 現在までに、彼らは4つの驚くほど美しいバイクを完成させ、数多くのプロジェクトを行っています。
私たちは校長のメカニックでデザイナーのルイス・コヘイアと一緒に座って、彼が会社について何を言わなければならなかったかを聞きました。

Maria Riding Company』HP参照



4.APPAREL

Maria Riding Companyが手掛けるアパレルラインは、クラシック・ヴィンテージ・スポーティーな要素を盛り込みつつ、デザインやアイディアが盛り込まれ高品質に手掛けられている。カスタムビルダーとして追い求めてきたからこそ、生まれてきたアイディアであり独創性のデザインとなっている。

出典元:『Maria Riding Company

今回は、アパレルラインからオフロードレーシングジャージーとメッシュキャップの2点を購入してみたのでさっそく開封。ポストカードやステッカーが付属されている。

Maria Offroad Racing Jersey – Trojan

SIZE:S〜XXL

€78.00(約¥10,000)

生地は、ポリエステル100%使用、速乾性に優れ、着心地は柔らかく、袖口は絞られており外からの泥や侵入を防いでいる。

Kaki Trucker Cap

SIZE:ONE

€28.00(約¥3,700)

フロントには “ MARIA RIDING COMPANY “ の大きなワッペンが印象的である。キャップは深めで アジャスターは7段階に調整することができる。

  • 小計:€106.00 EUR (約14,000円)
  • 配送手数料:€36.00 EUR (約4,800円)
  • 合計(支払い):€142.00 EUR (約19,000円)

みなさんも是非、『STORE』を覗いてみてください。お気に入りのアイテムが出会えるはず。