こんにちは。

昨年末(2020年末)、ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル「ライブワイヤー」が日本でも発表されました。

価格は349万3600円、昨年の12月3日より予約開始されました。

納車予定は、今年の2月くらいから順次に開始されるそうです。国内でライブワイヤーを、お目に掛かる日も近くなりそうです。

次にハーレーダビッドソンジャパンが、2021年モデル全5ファミリー25車種を発表し、1月20日より予約販売を開始しました。

ストリートボブ114(バジャオレンジ)
ストリートボブ114(バジャオレンジ)

ハーレーダビッドソン2021年モデルは、1月21日(日本時間)に118年の歴史、同社初の世界同時公開型バーチャルイベントで公開しました。

今回のモデルでは、注目したのがミルウォーキーエイト114エンジンを搭載したソフテイルファミリーの新クルーザー『ストリートボブ114』です。

今回の新たに光沢感のあるクローム仕上げに意匠を変更しており、パジャオレンジはハーレーカラーを象徴しているように見えます。そして、全体のラインナップで目に付くのは、ニューカラーが続々と誕生し、2021年モデルは光沢色が増えました。

新しく誕生したカラー10色がこちらです。

  • ブラックジャックメタリック
  • ガンレットグレーメタリック
  • ビリヤードティール
  • ミッドナイトクリムゾン
  • バジャオレンジ
  • デッドウッドグリーン
  • デッドウッドグリーンデニム
  • ブルーヒューズ
  • スネークベノム
  • スターファイヤーオレンジフェード

YouTubeでも2021年モデルのカラーリングについて、ハーレーのスタイリングマネジャーさんやデザイナーさんが、約1分半ですが思いを語っていますので、ご覧ください。


※動画の字幕は自動翻訳の設定で、日本語でもご覧になれます。

「引用元:2021 Color | Harley-Davidson @YouTube」

今回はそんな『Harley-Davidson』の原点を、動画をつかってカンタンにご紹介します。

そしてハーレー乗りでも、バイク乗りでも、アメリカの歴史好きでも、一度は訪れたいウィスコンシン州ミルウォーキーのダウンタウン近くにある北米の博物館、ここ『Harley-Davidson Museum』今回は、館内を楽しめる動画をご紹介します。


動画は2018年に編集され、設立1903年から115年が経つハーレーダビッドソンバイクの100年以上の歴史を感じれる短編動画です。ミュージアムのスタッフJimさんの説明を聞きながらバーチャル的な体験をしていきましょう。


全文を日本語に翻訳し、画像は断片的に紹介します。ではさっそくご覧ください。

※動画の字幕は自動翻訳の設定で、日本語でもご覧になれます。

「引用元:115 Color of H-D | Harley-Davidson Museum @YouTube」



◼️Opening

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

A hundred and fifteen years ago two friends,William and Arthur came together to create Harley-Davidson.
We are going to show you a little bit of the history,culture,and most importantly the bikes here at Harley-Davidson museum.

115年前、2人の友人、ウィリアムとアーサーが一緒になってハーレーダビッドソンを作りました。
ここハーレーダビッドソン博物館では、歴史、文化、そして最も重要なバイクについて少しお見せします。

Navigator

Behind us is the bike that started at all.
which is gorgeous.

私たちの後ろには、まったく始まったバイクがあります。ゴージャスです。

Navigator


115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

the oldest Harley-Davidson in existence.
Both Bill Harley and Arthur Davidson were really avid bicyclist and Bill Harley actually worked for a bicycle company here in Milwaukee and their first project was to build a motor to literally put in a bicycle.

You can see how they kind of shaped the frame so that it would embrace the engine and that kind of set the standard for what we still do now.

現存する最古のハーレーダビッドソン。
ビル・ハーレイとアーサー・ダビッドソンはどちらも本当に熱心な自転車乗りで、ビル・ハーレイは実際にここミルウォーキーの自転車会社で働いていました。彼らの最初のプロジェクトは、文字通り自転車に乗せるモーターを作ることでした。

彼らがどのようにフレームを形作ってエンジンを受け入れるかを見ることができ、そのようなものが私たちが今もしていることの基準を設定しました。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

Can I ride it out of here?

ここから出てもいいですか?

Navigator

Well, first of all you’d have to gas it up.

さて、まず第一にあなたはそれをガス処刑しなければならないでしょう。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

This is actually dated.
July 20th 1901.This is original.
So this is the original drawing from Bill Harley or a bicycle.
The Harley family saved it.

これは実際には日付が付けられています。1901年7月20日。これはオリジナルです。
つまり、これはビル・ハーレイまたは自転車からの元の図面です。
ハーレー家はそれを救った。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

They had the foresight to save stuff from almost the very beginning.
Over there is the book from 1907 when they incorporated and they actually began a program of saving at least one bike new right off the line in 1915 and we do that to the present.

彼らはほとんど最初から物を救う先見の明を持っていました。
向こうには彼らが法人化した1907年からの本があり、彼らは実際に1915年に少なくとも1台の新しいバイクをラインからすぐに保存するプログラムを開始しました。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum


115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

When we are back there, you know you look and this looks like a whole motorcycle, right and as you walk in.

あなたが見ると、これはまるでオートバイのように見えます。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

Wow! I didn’t even notice that until now.
That’s amazing.See it works.

うわー!今まで気づかなかった。それは素晴らしいです。

Navigator

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

So, you know the idea here in this whole room is to give people, you know a sense that the engine from the first bike we built today is the you know, real heart of the motorcycle both, you know obviously from maikng it go but from a design point of view, we always show that beautiful engine like it’s a jewel ina setting.

だから、この部屋全体のアイデアは人々に与えることだということを知っています、今日私たちが作った最初のバイクのエンジンはあなたが知っている、両方のバイクの本当の心臓部であるという感覚を知っています デザインの観点から、私たちは常にそれが宝石のような設定であるような美しいエンジンを示しています。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

We want to give people a sense of you know, how these things work and we make it interesting.

私たちは人々にあなたが知っている感覚を与えたいと思っています、これらのものがどのように機能するか、そして私たちはそれを面白くします。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

By 1920 we were the largest motorcycle company in the world and sold over 28000 in these early decades there were there were dozens
we think as many as 60 different American motorcycle companies.
By the time we came out of the depression, There were only two companies left.

1920年までに、私たちは世界最大のオートバイ会社になり、この数十年で28000を超えて販売し、数十社がありました。私たちは60もの異なるアメリカのオートバイ会社を考えています。大恐慌から抜け出すまでに、残った会社は2社だけでした。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum



◼️Turning point

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

You know, the major turning point was World War II.
Over the course of World War Ⅱ.
We made almost 90000 military bikes.

ご存知のように、主要なターニングポイントは第二次世界大戦でした。第二次世界大戦中。約90000台のミリタリーバイクを製造しました。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

What kind of jobs in the military were Harley’s actually assigned to?

ハーレーは実際に軍隊でどのような仕事に割り当てられましたか?

Navigator

They were mostly they called him dispatch riders.
So they were taking messages from one place to another.

彼らは主に彼を伝令兵と呼んでいた。それで彼らはある場所から別の場所にメッセージを送っていました。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

Our story weaves in and out of the story of American history.
This is the bike that this badass cyborg, has to ride.

私たちの物語は、アメリカの歴史の物語に織り込まれています。
これは、このワルなサイボーグが乗らなければならないバイクです。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

The real Captain America in the comic book, he rides a WLA.
The original didn’t come with flamethrowers and stuff like rocket launchers.
Like the Terminator one thing that’s great is it’s kind of you know, it’s not just like a car.
It’s a character.

コミック本の本当のキャプテンアメリカ、彼はWLAに乗ります。オリジナルには火炎放射器やロケットランチャーのようなものは付属していませんでした。
ターミネーターのように素晴らしいことの1つは、それがあなたが知っているようなものであり、それは単なる車のようなものではありません。キャラクターです。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum


115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

So JIM.we’ve walked around there’s a lot of stuff in this museum.

この美術館にはたくさんのものがあります。

Navigator

Yeah, when you think about motorcycling, it’s not just the bike it’s black leather jacket all the uniforms and them almost all the things that people do to add to their bikes that we’ve got, you know just an incredible array of things to help tell the story.

ええ、あなたがモーターサイクルについて考えるとき、それはバイクだけではありません。
それはすべてのユニフォームの黒い革のジャケットであり、人々が持っているバイクに追加するために行うほとんどすべてのことです。

あなたは物語を語るのに役立つもの、信じられないほど知っています。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum


115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

What do you hope each person that sets foot through this door gets?

このドアを通り抜ける一人一人が何を得ることを望みますか?

Navigator

If you come into this place and you’re a Harley-Davidson enthusiast we’re gonna stoke that passion further.
If you got dragged alone by somebody and you don’t think you’re gonna like it,
you’re gonna leave thinking you know,
that was actually interesting and I’ve never really thought much abuot motorcycling but there’s that’s an interesting subject.

あなたがこの場所に来て、あなたがハーレーダビッドソンの愛好家であるなら、私たちはその情熱をさらに刺激するつもりです。
あたたは誰かに引きずり込まれ、あなたがそれを好きになるとは思わないなら、あなたは去るつもりだ。
考えて、あなたが知っている、それは実際に面白かったし、私はそれについてあまり考えたことはありません。
モーターサイクルですが、それは興味深いテーマです

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum



◼️Closing

115 Years of HD@Harley-Davidson museum
115 Years of HD@Harley-Davidson museum

There’s something for everyone here at the Harley-Davidson museum.
That’s for sure.

ハーレーダビッドソン博物館には、誰もが楽しめる何かがあります。それは確かです。

Navigator

That’s the goal.

それが目標です。

Jim Fricke (Curator)@Harley-Davidson museum



◼️最後に


画面越しですがミュージアム内を”バーチャル的な体験”のような感覚になりましたか。ハーレー好き、バイク好き、アメリカの歴史好きの方々としては、なんとも言えないと思います。

この動画でも”Harley-Davidson”社やバイクの歴史を感じます。一度は絶対に訪れたい場所です。

そして、ハーレーダビッドソン初のアドベンチャーツーリングバイクである2021年型Pan America(パンアメリカ)が発表されます。新モデル発表ライブ発表会は、2021年2月22日未明に開催されます。お楽しみに。

今後も、このような動画をご紹介していきますので、よろしくお願いします。では。

PAN AMRICAN
HARLEY-DAVIDSON PAN AMERICAN