FatBobber(ファットボバー)のみなさま、ごきげんよう。

以前から気になっていたおもに中古のハーレーを販売している、埼玉県熊谷市にあるバイクショップ「丸山輪業」に伺いました。

ハーレーのオイル交換についてアドバイスを受けてみました。

場所はマップで貼っておきますので機会があれば是非、寄ってみてください。

ファットボブこと、『FXFBS”Milwaukee Eight 114”』エンジンは、

  • エンジンオイル・・・4.7L
  • プライマリーオイル(プライマリーチェーンケース潤滑剤)・・・1.18L
  • トランスミッションオイル・・・0.83L

丸山輪業さんでは、上記3点のオイルを工賃込みで、¥18,000です。

ちなみに、HARLEY-DAVIDSON 正規ディーラーさんで専用の標準オイルで交換した場合、工賃込みで¥28,000。

丸山輪業使用しているエンジンオイル

WAKO’S タフツーリングTT-50 25W-50


商品名
TT-50

SAE粘度
25W-50

引火点℃
246

動粘度40℃ m㎡/s
159

動粘度100℃ m㎡/s
17.8

粘度指数
124

流動点 ℃
-35.0

塩基価 mgK0H/g
8.7
ーWAKO’S 総合カタログ 4サイクルエンジンオイルー代表性状ーから引用

【特徴】
Synthetic Oil 配合 ヘビーデューティエンジンオイル
コンプレックスエステルを配合したノンポリマー・ヘビーデューティエンジンオイル。
高温下での潤滑性に優れ熱ダレに強く、チューニング車両などの熱負荷の高いエンジンを強力な油膜で保護し、ストリートからサーキットまで幅広く使用できます。また、クラシックバイクやクラシックカーなど、各部のクリアランスは広いエンジンにも適しています。

SAE粘度(SAE Viscosity Grades)とは、潤滑油の粘度を定めた規格である。数字が小さいほど常温で柔らかく、大きくなるほど硬いオイルとなる。
オートバイ用オイルに見られるSAE規格の表示は、10W-30といったマルチグレード表示が一般的である。Wは「Winter」の頭文字で、前半で低温時の粘度を示し、ハイフン後の数字で高温時の粘度を表す。寒冷地では5Wや0Wといったグレードを選ぶことで、クランキングをより容易にし、ハイフン後の数字が大きいものは、モータースポーツなどの過酷な条件下にも耐えうるオイルとなる。

Wikipediaより引用



◼️こちらは2018年 ソフテイルモデル使用説明書 推奨エンジンオイル

タイプ粘度評価最低温度10° C(50° F)以下の寒冷期の始動

Screamin’Eagle SYN3 Full Synthetic Motorcycle Lubricant
(Screamin’Eagle SYN3 全化学合成ルブリカント)

SAE 20W50

HD 360

-1° C(30.2° F)より高い

優良

Genuine Harley-Davidson H-D 360 Motorcycle Oil
(ハーレーダビッドソン純正H-D360エンジンオイル)

SAE 20W50

HD 360

4° C(39.2° F)より高い



Genuine Harley-Davidson H-D 360 Motorcycle Oil
(ハーレーダビッドソン純正H-D360エンジンオイル)

SAE 50

HD 360

16° C(60.8° F)より高い

不十分

Genuine Harley-Davidson H-D 360 Motorcycle Oil
(ハーレーダビッドソン純正H-D360エンジンオイル)

SAE 50

HD 360

27° C(80.6° F)より高い

不十分
ー2018 Harley-Davidson Owner’s Manual – SOFTAIL MODELS – 使用説明書から引用



◼️まとめ

  • 一個人としての見解ですが、SAE規格粘度のRANGEから問題ないと思います。
  • ハーレー純正オイルは本土(米国)から輸入して、ハーレージャパンを通して各正規ディーラーさんに降ろしているの必然と根が上がります。
  • 丸山輪業さんは、国産のオイル(規格的に問題ない)を使用し、大量購入しているのでこの価格差は出ます。

バイクもオイルも経年劣化していくものなので、定期的な点検や消耗品の交換は、経済的に無理なくです。参考までに。