こんにちは。

東北地方屈指の福島県が生んだ最高絶景ロード「磐梯吾妻スカイライン」&「磐梯山ゴールドライン」2つの絶景ロードを楽しんできました。

やはり東北を代表する絶景ロードのひとつが、「磐梯吾妻スカイライン」(通称:磐スカ)!!雄大な景色が望めることで知られる、全長約29km、平均標高が1350mの観光山岳ロードで吾妻連峰を縫うように走るスカイラインは最高です。景観スポットも多くライダーや登山者にも有名なところです、自然が感じられ山肌が広がる「浄土平(じょうどだいら)」等のさまざまな景色が楽しめるので、何度も行きたくなる魅力があります。

そして、休憩した某道の駅には、全長1メートルのガンダム模型やガンプラも割引き価格で手に入る、ガンダムファンにオススメな道の駅もご紹介します。

今回は前乗りしたので、早朝の「ホテルルートイン二本松」からスタートです。

◼️道順

  1. ホテルルートイン二本松 START
    ↓(約 17㎞)
  2. 道の駅 つちゆ
    ↓(約 27㎞)
  3. 浄土平レストハウス
    ↓(約 5㎞)
  4. 磐梯吾妻スカイライン(天狗の庭)
    ↓(約 59㎞)
  5. 道の駅 ばんだい
    ↓(約 10㎞)
  6. 山湖台(磐梯山ゴールドライン)
    ↓(約 42.5㎞)
  7. 道の駅 猪苗代



1.ホテルルートイン二本松

5月後半の朝8時くらいですが、気温12℃と結構ヒンヤリしています。山の方を見ると雲の流れが早いので山頂の方は風が強いと思われます。さて、お気に入りの『ホテルルートイン二本松』から出発します。

ホテルルートインのここがオススメ】

  • ブッフェ式朝食付き
  • 大浴場付き
  • ソフトドリンク1本無料
  • セルフコーヒー無料
  • dポイント つかえる・たまる
  • Pontaポイント つかえる・たまる

福島県内で磐梯吾妻スカイラインに一番近いホテルルートイン二本松!!一応、MAPを貼り付けておきます。参考までに。



2.道の駅 つちゆ

ホテルルートイン二本松』〜国道4号~「安達ケ原入口」信号左折~「根崎」信号右折~「竹田」右折~県道354号~東北サファリパーク通過~道なりに左、左に曲がると『道の駅 つちゆ』に到着。

「道の駅 つちゆ」朝早すぎたので開店前に到着。バイクでここまで来たのですが、5月後半ですが空気が冷えています。風が強くので雲の動きが早く感じます。



3.浄土平レストハウス

国道115号~東鴉川トンネル出口左折~県道30号~県道70号〜『浄土平レストハウス』に到着。

駐車場には際は、料金の支払いがありますので小銭等、事前に用意しておくとスムーズです。

【浄土平駐車場料金】

区分駐車料金
二輪車¥200
乗用車¥500
マイクロバス¥1,000
大型バス¥2,000

いよいよ、山肌を見ると「磐梯吾妻スカイライン」に来たなって感じがします。レストハウスに入ってみますが、軽食コーナーは “CLOSE” していたので、2階の無料休憩所の窓から一望できる吾妻小富士を眺めながら、暖かい缶コーヒーをいただきます。

場所はこちらです。Google Mapを貼っておきますので、一度は訪れてみてください。



4.磐梯吾妻スカイライン(天狗の庭)

浄土平レストハウス』〜県道70号道なりに走ると磐梯吾妻スカイライン数々の絶景スポットに到着。

浄土平を後にするとすぐにいつもバイク雑誌で目にしていた圧巻な光景が現れます。圧巻です。行ったことない人は絶対に1度は行っておくべき絶景ロードです。ずっと眺めていてもまったく飽きることのないロケーションであり何往復でもできます。

『フォトスポット①:磐梯吾妻スカイライン』

今回は、『磐梯山ゴールドライン』も走破するのため、天狗の庭付近でUターンして、磐梯吾妻スカイラインの吾妻小富士付近の上り線・下り線を堪能します。

下り線から見えるローケーションと上り線から見えるロケーションと見え方が違うので、2度も楽しむことできました。結構体が冷え込んだので山を下って休憩したいと思います。



5.道の駅 ばんだい

『磐梯吾妻スカイライン(天狗の庭)』〜県道70号〜国道115号〜県道7号〜『道の駅 ばんだい』にて休憩。

ガンプラ台座の貼られている説明書を見ると、「平成19年当時の磐梯町長さんが、” 磐梯 = BANDAI ”の関わりから当時のBANDAI社長さんを訪問し、交流が始まったそうです。」

そんな繋がりもあってか、駅内にあるバンダイの商品を全品10%引きで購入できるそうです。

福島県磐梯町には「BANDAI」ガンプラ工場はなく、国内では静岡県静岡市にあります。

弊社ホビー事業部のプラモデル生産拠点です。わたしたちは1980年の「1/144ガンダム」から、およそ5億個(2019年5月時点)以上もの「ガンプラ®」をここ静岡県静岡市より、送り出してきました。
みなさまから「ガンプラ®」と呼ばれ、親しまれているプラモデルのほとんどはバンダイホビーセンターでつくられています。

BANDAI SPIRITS BANDAI HOBBY CENTER』HP 参照

ガンダムファンは是非一度は訪れて見てください。



.山湖台 磐梯山ゴールドライン

道の駅 ばんだい』〜県道7号〜県道64号〜『山湖台(さんこだい)』に到着。

磐梯吾妻ゴールドラインの上り途中にある見晴らし台です。駐車場は車が10台くらい駐車できます。
東屋や自販機、トイレは完備されていません。



.道の駅 猪苗代

『山湖台』〜県道64号〜国道459号〜県道2号〜国道115号〜『道の駅 猪苗代』に到着。

こちらの道の駅も広くて大きな駅です。さっそく目に着いたのが赤いゴンドラが4台も設置されています。

ここで今回のツーリングは終えますが、ここから猪苗代湖を1周してもよし、また高速を利用する方は、すぐ磐越自動車道 猪苗代磐梯高原ICがあります。



◼️おまけ

最後におまけで前日移動日で、下道の道中で「会津高原」付近で田舎の長閑な風景であるフォトスポットを発見しましたので紹介します。

①.国道121号線の奥会津博物館の近くで阿賀川を跨ぐ50mくらいの小さな橋の上で、川の流れる音や大きな山々に囲まれた風情あふれる一枚です。

『フォトスポット③:阿賀川にかかる小さな橋 @南会津郡 南会津町 糸沢 付近』

②.国道121号線を1本見明山の方に入ると、田んぼのなかにある一本道と見明山の大自然を感じる一枚です。穏やかで落ち着いている感じは長閑の一言です。

『フォトスポット④:見明山と田舎の田園風景 @南会津郡 下郷町 豊成付近』




◼️まとめ

今回の絶景ロードでしたが、満足の一言です。山肌を見ながら圧巻な山景色を楽しむツーリングなら「磐梯吾妻スカイライン」。ワインティングと自然浴のツーリングを楽しむなら「磐梯山ゴールドライン」がオススメです。時間が許すならもっと足を伸ばしたいところがたくさんあった福島県でした。

  • 走行距離:約160.5㎞
  • 絶景ロード:2本
  • 道の駅:2駅
  • フォトスポット:4ヶ所

福島県絶景ロード4つのうち2つは制したので次回は、残す「西吾妻スカイバレー」&「磐梯吾妻レークライン」を走破して、もっとナイスなフォトスポットを目指したいと思います。今回も旅先の情報をライダーさんやツーリストさんの参考ブログになればさいわいです。

  • 全国の穴場の絶景ロード
  • 絶景のバイクとのフォトスポット
  • 地元ならではの絶品グルメ
  • その地にたずさわる歴史

を皆さんに紹介するために旅&散策したいと思います。そして、自分も愉しんでコンテンツを濃いものに頑張ります。では。